エフィッシモ・キャピタル・マネージメントの投資の評判は!運用を解説!

エフィッシモ・キャピタル・マネージメント Effissimo Capital Management

エフィッシモ・キャピタル・マネージメントの投資に興味がある!

ヘッジファンド投資の候補を探していて、エフィッシモの情報がもっと知りたい…

手元にあるまとまったお金の資産運用先として、エフィッシモを検討している!

上記のようなことで悩んで、この記事にたどり着いたのではないでしょうか?

エフィッシモ・キャピタル・マネージメントは元村上ファンドのメンバーが創業した資産運用会社で、シンガポールを拠点としています。

かなり情報が閉鎖的になっているため、なかなか正しい情報を取得することが難しいですよね。

この記事では、エフィッシモ・キャピタル・マネージメントの投資に関して、第三者的観点の意見や私個人の見解を踏まえながら、評判を解説していこうと思います。

今後の資産運用を検討する際に参考になれば幸いです。

謎のベールに包まれた会社ですが、わかる範囲でお伝えしていきたいと思います!
  • 松井の資産運用ブログの執筆者
    松井一樹
    メーカーの開発職勤務の30代サラリーマン投資家です。2021年12月現在、投資運用総額3.2億円(ローンは除く)を超え、毎月の配当は300万円を超えるようになりました。また、ブログ以外にも書籍を3冊出版中。コロナが落ち着いてから4冊目も出版予定です。徹底的にリサーチして、コツコツと堅実に資産を増やすのが得意です。
    経歴
    投資歴19年、資産運用数30種類以上

目次

エフィッシモ・キャピタル・マネージメント(Effissimo Capital Management Pte Ltd)ってどんな会社?会社の特徴は!

エフィッシモ・キャピタル・マネージメント(Effissimo Capital Management)は2006年にシンガポールで設立された資産運用会社です。

取締役の高坂卓志氏をはじめとする元村上ファンドのメンバーによって創業され、いわゆる「物言う株主」といわれるアクティビストファンドに分類されます。

エフィッシモは元村上ファンドの流れをくむアクティビストファンド

村上ファンドは一時期ニュースにひっぱりだこだったので、覚えている方も多いと思います。

ニッポン放送株のインサイダー取引事件で話題にはなりましたが、そもそもに中規模のファンドとして存在感がありました。

当時の運用規模は4000億円を超えていたので、ニュースになる前も投資家の方なら名前を聞いたことがあったのではないでしょうか。

アクティビストというのは「物言う株主」と呼ばれます。

ニュースの影響もあってあまり良い印象を持ってないかもしれませんが、アクティビストの活動はいたってまっとうなものです。

アクティビストファンドそのものの持ち分が少ないにしても、企業価値を上げる提案をすることで多くの株主が賛同することで圧力をかけることができます。

企業側からすると耳が痛いこともありますが、良い提案であれば企業価値そのものが向上して、関係者全員がWin-Winな関係を築くことも可能です。

エフィッシモはこの村上ファンドのアクティビストファンドとしての血を受け継いでいます。

アクティビストが声をあげることで、本来あるべき価格に引き上げられるんですね。

投資家からも評価されているからこそ、数千億円といったお金が集まってくるのだと思います。

もちろん、他の株主から賛同を得られなかったら株価向上は実現しませんし、ファンドからの提案に断固拒否する企業もあります。

公式のホームページがない

エフィッシモは公式サイトがありません。

それくらいクローズドな資産運用会社であるということですね。

ホームページがないからといって、怪しい会社かというとそうでもありません。

このあとにお伝えしようと思いますが、EDINETで大量保有報告書が多く確認できますし、外からでも投資の実態があることはわかります。

EDINETとは
EDINETとは、Electronic Disclosure for Investors’ NETworkの略語です。

金融庁が公開している、金融証券取引法に基づく有価証券報告書などを開示閲覧するシステムのことです。

このシステムを使えば、気になる企業の有価証券報告書の閲覧やダウンロードが簡単にできます。

大株主の情報が知りたいときにも使えますし、同業他社などの状況を知る目的などにも利用できます。

単純に、公式サイトをつくる必要性を感じていないということでしょう。

ここまで情報がないと、ますます気になってきますね。

エフィッシモ・キャピタル・マネージメントの悪い口コミ&良い口コミなどの評判をまとめました!

エフィッシモ・キャピタル・マネージメントについては、投資家の間でたびたび話題に上がります。

エフィッシモはアクティビストファンドなので、投資先の1つ1つに対して比較的大きな割合の株式を取得します。

なのでエフィッシモの動向は、株式投資をしている個人投資家からも注目されやすいです。

エフィッシモの悪い口コミ&評判は・・・!

エフィッシモの良い口コミ&評判は!

エフィッシモ・キャピタル・マネージメントの口コミや評判に対するまとめ!

エフィッシモについては、比較的話題に上がることは多いです。

エフィッシモの投資手腕を褒める意見がある一方で、やり方が本当に企業のためになっているかを批判する意見もあります。

大きな規模で株式投資をしている限り、賛否両論が出るのは致し方ないですね。

こういったヘッジファンドの動向を踏まえて、個人投資家は戦う必要があります。

エフィッシモが保有している銘柄は、エフィッシモ銘柄と呼ばれることもあります。

そこに乗っかるか、それを避けるかはそれぞれの判断になりますね。

もちろん、エフィッシモに運用を委託する場合は、運用成績は一蓮托生になります。

株主として口を出すということは、対象企業やその他株主からも矢面に立たされることがあるということです。

色々な意見がありますが、それらを総合的に判断して投資することになります。

エフィッシモ・キャピタル・マネージメントに投資するべきか?6つのチェック項目で確認してみた!

エフィッシモ・キャピタル・マネージメントに投資するべきか判断するために、以下の6つの項目について確認してみました。

基本的にクローズドになっているので投資することは難しいですが、いつものように評価していこうと思います。

ここで確認している項目は、私が何かに投資する際には必ずチェックしているものですので、参考にしてみてくださいね。

  1. 代表やファンドマネージャーの実績
  2. 利回りや配当はどれぐらい?過去実績について。
  3. 運用手法について
  4. オフィスの場所
  5. 顧客の数や資産残高
  6. 歴史について

では各項目について、詳しくみていきましょう!

代表やファンドマネージャーの実績

エフィッシモ・キャピタル・マネージメントは、高坂卓志氏、今井陽一郎氏、佐藤久彰氏の3名による共同経営体制となっています。

3名とも、もともとはMACアセットマネジメント・・・いわゆる「村上ファンド」でファンドマネジメントをしていました。

2006年に村上ファンドの村上世彰代表が逮捕されたタイミングで独立、シンガポールにてEffissimo Capital Management Ptd Ltd.を設立して今に至ります。

高坂卓志氏:
ペンシルバニア大学でMBAを取得、MACアセットマネジメントでは資金運用責任者も務める。シンガポール移転を図る際の立ち上げスタッフにも選出。

今井陽一郎氏:
2002年に横浜国立大学経済学部を卒業、日興アセットマネジメントに入社。その後2004年にMACアセットマネジメント入社。2006年にエフィッシモを設立。

佐藤久彰氏:
東京大学卒業後、三井物産や大手会計事務所関連会社などに勤務。MACアセットマネジメントの解散のタイミングで2006年にエフィッシモを設立。

上記の3名が、元村上ファンドで設立以降も共同代表を務めています。

村上ファンドでのアクティビストとしての経験があるのは強みですよね。

御三方ともあまりメディアには出てこないですね。

利回りや配当はどれぐらい?過去実績について

エフィッシモの2020年の年間リターンは+3%程度だったようです。

同期間での日経平均は+16%だったので、それと比較しても決して高い利回りとは言えませんね。

アクティビストファンドの投資対象企業は中小企業が多いです。

中小企業は、コロナショックの煽りを特に受けていて、苦戦していました。

銘柄の選定と、最後の売却までうまくいけば2倍、3倍となることもありますが、逆に大きく損害を被ることもある投資になります。

また、予測をしたいのであれば、EDINETで大量保有報告書を出している企業を洗い出して、株価の変動を見ることは可能です。

運用手法について

エフィッシモ・キャピタル・マネージメントの運用手法は、株式投資です。

特に、上でもお伝えしたようにアクティビストファンドとして積極的に株価向上にむけて働きかけます。

投資先企業に提言を行うだけでなく、必要があれば取締役を送り込むなど、経営に踏み込んでいくこともあります。

強い発言権をもつために、5%以上の株式を取得するので、大量保有報告書の提出義務があります。

なのでEDINETでその投資について外部からでも確認することができるんですね。

投資先企業(過去含む)
9107 川崎汽船
9640 セゾン情報システムズ
7222 日産車体
7752 リコー
1737 三井金属エンジニアリング
8750 第一生命 HD
6502 東芝
5741 UACJ
7122 近畿車輛
6707 サンケン電気
3104 富士紡 HD
5445 東京鐵鋼
4980 デクセリアルズ
1813 不動テトラ
5912 OSJB HD
4047 関東電化工業
7968 TASAKI
7157 ライフネット生命保険
8013 ナイガイ
4551 鳥居薬品
5449 大阪製鐵
5541 大平洋金属
7241 フタバ産業
9684 スクウェア・エニックスHD
6740 ジャパンディスプレイ
3116 トヨタ紡織
9831 ヤマダ HD
3230 スター・マイカ
7552 ハピネット
3110 日東紡績
8841 テーオーシー
6985 ユーシン
9792 ニチイ学館

大量に株式を保有する場合は、出口戦略がとても大切になります。

出口というのは、簡単にいえば株式の売却のことです。

買ったはいいものの、希望する価格で売れなければ意味がありませんよね。

株を売るということは、さらにその後に株価が伸びることを期待して買う人がいないと成立しません。

少量であれば、様々な思惑をもった投資家間で比較的簡単に売買が成立しますが、大量になるとなかなかそうはいきません。

そういった出口戦略まで含めて、資産運用会社であるエフィッシモ・キャピタル・マネージメントの手腕が問われるところになります。

オフィスの場所

オフィスについても確認しておきましょう。

顧客情報の管理などの観点からも、実態のないバーチャルオフィスだと安心できないですよね。

エフィッシモ・キャピタル・マネージメントの住所は「260 Orchard Road#12-06 The Heeren Singapore 238855」です。

オーチャードといえば、シンガポールの中心地といえますね。

かなり発展したエリアで、買い物客でも賑わっています。

シンガポールの中でも一等地にオフィスを構えているということですね。

顧客の数や資産残高

ファンドをチェックする際には、顧客の数や運用資産残高にも着目しましょう。

2020年でのエフィッシモ・キャピタル・マネージメントの運用資産残高はおよそ1兆円だと言われています。

これは資産運用会社としては大規模といっても良いと思います。

1兆円ほどの規模があると、投資対象企業の幅が広がります。

また投資対象企業を分散させることもできるのでリスクヘッジにもなります。

年によってばらつきはありますが、同時に投資している企業数は10~20社程度です。

アクティビストファンドで10億円程度だと心もとないですが、1兆円の規模であれば比較的大企業でも投資の対象とすることができますね。

最近だと東芝に対しても大量保有して提言を行うなど、スケールを活かした投資を行っています。

歴史について

最後に会社の歴史についてもチェックしておきましょう。

歴史をチェックする意味としては、会社の信用力を確認するという目的が大きいです。

2006年に、元村上ファンドの高坂氏、今井氏、佐藤氏の3名によりEffissimo Capital Management Ptd Ltd.は設立されました。

そこから基本的な会社の枠組みは変わらず、15年間運営されています。

リーマンショックを乗り越えて存続していることも踏まえると、一定の信頼感・安心感はありますよね。

会社としては大きな変更がなく、安定していると言えますね。

以上、6つのポイントからエフィッシモ・キャピタル・マネージメントの投資について見てきました。

元村上ファンド出身者3名で共同経営されているというのは、なかなか他にはない特徴でもあります。

ほかに元村上ファンドで有名な資産運用会社だと、ストラテジックキャピタルがありますね。

両者ともにアクティビストファンドです。

ただエフィッシモ・キャピタル・マネージメントは必要があれば取締役を送り込むなど、人材面でも一層経営に踏み込んだ投資を積極的に行っている印象がありますね。

2020年の運用成績はそれほどよくなかったですが、仕込みから数年を要することも多々ある投資スタイルなので、今後には期待です。

ここからは、事務的な内容についても触れていきますね。

エフィッシモ・キャピタル・マネージメントの最低出資額はいくらから?

エフィッシモ・キャピタル・マネージメントへの投資の最低金額は、1億円以上と思われます。

基本的には機関投資家向けであり、個人投資家への門戸は限りなく狭いです。

さらに、おそらく投資家としての適格性を求められます。

そのチェック項目として、下記のストラテジックキャピタルの項目が参考になるのではないでしょうか。

投資家の適格性チェック項目
1. 保有金融資産の条件があること。
2. 投資にはリスクが伴い、投資目的は積極型商品であること。
3. 金融商品は外国籍であり、保管は海外で行われていること。
4. 外国通貨建て金融商品は、為替変動のリスクがあること。
5. 最低投資単位は、10万ドル以上であること。
6. 1年以上投資できる資金による投資であること。
7. 証券商品への投資経験が3年以上であること。
8. 日々の解約は原則出来ないこと、また解約には時間を要すること。
9. 金融商品は、原則英文での資料であること。
10. 通常、E Mailでのやり取りであること。
11. 73歳以上の方は、親族への投資確認のご連絡を行うこと。
12. クーリングオフ対象外であること。
13. 口座開設には本人確認書類が必要であること。
14. 反社会的勢力でないことの表明・確約に関する同意をしていただくこと。
15. 特定口座は利用できず、ご自身で税申告が必要であること。
エフィッシモの手数料
  1. 購入手数料
  2. 運用管理報酬(信託報酬)
  3. 成功報酬
  4. 解約手数料

エフィッシモに投資する際の手数料は上記のようなものが考えられます。

それぞれの手数料についてもう少し詳しくお伝えしますね。

手数料①:購入手数料

購入時に手数料がかかる可能性があります。

購入金額にもよりますが、0~5%かかることが多いです。

手数料②:運用管理報酬(信託報酬)

運用管理報酬は信託報酬ともよばれ、契約している金額に一定の利率を乗じたものが差し引かれて自分自身の評価額が決まります。

利率はだいたい年率2%で設定されていることが多いです。

ちなみに比較として、投資信託の場合だとアクティブファンドの平均が約1.7%、インデックスファンドの平均が1%を切るくらいです。

手数料③:成功報酬

運用益が出た場合は、成功報酬として利益に対して手数料がかかることが多いです。

だいたい運用益の20%が成功報酬として徴収されて、評価額が決まります。

また、年次によって損失が出たときのことを考えて、成功報酬はハイウォーターマーク方式がとられます。

例えばあなたが1億円投資して、運用がうまくいって1.1億円になるとします。

この場合は1000万円の運用益が出ているので、その1000万円に対して20%の成功報酬が徴収されて評価額は1.08億円になります。

ここで最高値水準が1.08億円になります。

次に成功報酬が必要なのは、この水準を超えて運用益が出たときです。

仮に翌年以降で大きく損失が出てしまって、しばらく1.08億円を超えることがなければ、成功報酬は一切かかりません。

なんとなくイメージはつきますでしょうか。

ヘッジファンドの一般的な手数料体系で、2の20と呼ばれるものがあります。

これは、運用管理報酬が2%で成功報酬が20%であるというものです。

手数料④:解約手数料

最後に、解約手数料がかかる可能性があります。

短期での売買には、ペナルティとして課されることがありますので確認しておきましょう。

購入時、運用時、解約時にかかる手数料については事前にしっかりと確認しておくことが大切です。

エフィッシモ・キャピタル・マネージメントに投資して換金したときの税金はどうなるのか?

エフィッシモ・キャピタル・マネージメントはシンガポール籍の資産運用会社です。

エフィッシモが運用するファンドを国外発行の私募株式投資信託だと解釈すれば、もし収益分配金を日本における支払取扱者を通じて受ける場合、利益に対して20.42%の税率で源泉所得税が課税されます。

ここで20.42%は所得税及び復興特別所得税ですね。

これは個人の場合の税制です。

法人の場合は売上規模などを加味して計算する必要もあるので税理士に相談してください。

また、私募株式投資信託の収益分配金は一般株式等の配当所得等に該当するので、配当所得として総合課税の対象となって確定申告が必要になります。

課税される所得金額 所得税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え
330万円以下
10% 97,500円
330万円を超え
695万円以下
20% 427,500円
695万円を超え
900万円以下
23% 636,000円
900万円を超え
1,800万円以下
33% 1,536,000円
1,800万円を超え
4,000万円以下
40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

総合課税については上の表を参考にしてみてください。

個人の確定申告は、2,3万円あれば代行してくれる税理士も多いです。

一人でもんもんと悩むなら、税理士に相談したほうが自信が持てますし結果的に安くすむこともあります。

正しく納税するように心がけましょう。

エフィッシモ・キャピタル・マネージメントルが破綻したときの資金はどうなるか?

エフィッシモ・キャピタル・マネージメントが万が一倒産することがあっても、分別管理されている投資家のお金は保護されます。

これは元本保証とはまったく別の概念なので注意してください。

保護されているとはいえ、流動性の低い株式になっている場合には、実際の売却額が低くなった場合に損失を被る可能性は大いにあります。

もちろんいきなりエフィッシモ・キャピタル・マネージメントが潰れてしまうということは考えにくいです。

一応想定すると、運用会社が破綻した場合は、別の運用会社がかわりに運用するか、早期償還(その時点で投資家へ返金)といった措置になります。

エフィッシモが破綻する想定をするくらいなら、ほかに考えるべきことは多くありますね。

エフィッシモ・キャピタル・マネージメントに投資するにはどうしたらいいか?契約方法や始め方について

エフィッシモ・キャピタル・マネージメントと契約する方法は、残念ながら一般的には公開されていません。

原則として機関投資家などの大口投資家を対象としているため、個人投資家の受け入れはほぼありません。

どうしてもというのであれば、関係者と直接的に繋がるしかありません。

というのも公式サイトすらなく、連絡をとるすべがないからです。

エフィッシモ・キャピタル・マネージメントの換金や解約のルールについて

購入時に利用した金融機関を使うことになると思います。

ヘッジファンドの換金や解約には、2,3ヶ月の時間を要することが多いです。

解約こそ計画的に行うようにしましょう。

アクティビストファンドとして、一定数の株を確保した状態を続ける必要があるため、大きな金額の換金はすぐに受け付けられない可能性があります。

ヘッジファンド投資においても、投資家としての出口戦略をしっかりイメージしておきましょう。

表面的な利回りだけにこだわると、思わぬ落とし穴があることがあります。

ヘッジファンドの解約に関するルールは45日ルールと呼ばれることもあります。

ちゃんと税金も払い終えて手元に残ったところまでをシミュレーションしておきましょう。

エフィッシモ・キャピタル・マネージメント(Effissimo Capital Management Ptd Ltd.)の投資の総評

エフィッシモ・キャピタル・マネージメントの投資についてまとめてお伝えしました。

エフィッシモは元村上ファンドの高坂氏、今井氏、佐藤氏によって2006年にシンガポールで設立されたアクティビストファンドです。

記事の内容は参考になりましたでしょうか?

2020年はコロナショックの煽りを受けて、年利3%ほどのリターンという結果でした。

運用資産残高が1兆円を超えており、その動向は個人投資家で注目する人も多いこともわかったかと思います。

少なくとも1億円の投資となるので、非常にハードルが高いですね。

また、国内にはほかにも優秀なヘッジファンドや投資会社が存在します。個人的におすすめをまとめていますので、参考にしてみてください。

ストラテジックキャピタルの会社情報

会社情報
社名 エフィッシモ・キャピタル・マネージメント
Effissimo Capital Management Pte Ltd
設立 2006年6月19日
資本金 13億3000万円
役職員数 不明
本社所在地 260 Orchard Road#12-06 The Heeren
Singapore 238855
最低出資額 不明
利回り 2020年は年利約3%
手数料 ①買付手数料
②運用報酬年率
③成功報酬(ハイウォーターマーク)
④解約手数料
面談 不明
ホームページ なし

複数の投資先から一体どこを選べばいいの?

リスク リターン 分布

私の20年あまりの投資経験から、各投資ジャンルをまとめると最もおすすめは「ヘッジファンド」への投資となりました。

上の図は投資の種類ごとのリスク-リターンをまとめたもので、リスクが低く高いリターンが期待できるおすすめのものほど左上に位置しています。

とはいえ、ヘッジファンドも国内だけでも数十社あり、見極めが非常に難しいです。

そこで、松井が実際に長年面談や投資をしてきて分かった良いヘッジファンド選びのポイントや、ランキングTOP10をまとめた記事を公開しています。

まとまった資産運用で失敗したくない…という場合はぜひ参考にしてみてください!

もし本記事をお読みになって何か気になることがあれば、以下のメールか私のLINEまでお気軽にご連絡くださいね。

お名前 必須

メールアドレス 必須

メッセージ本文 必須

※メールを送信される前に、メールアドレスに間違いがないかもう一度チェックしてください。自動返信が届かない場合、別のアドレス(gmailやyahooを推進)で再度送信をお願いします。

当サイトでは、私が今まで19年に渡って行ってきた様々な投資について書いています。もし「これってどうやって投資したら良いの…?」「本当に投資しても大丈夫…?」などの疑問があれば、何でもご相談いただけたらと思います。

書いている人


松井
30代後半の投資ブロガーです。投資歴は20年弱で、今までにのべ30種類以上の投資を経験してきました。現在はそれなりの配当をもらっています。

このブログでは、私の実際に経験してきた投資体験を知識として残しています。

お問い合わせ

メールマガジン配信中!

書籍も出版しています!




老後の2000万円不足問題を皮切りに、ブログに書いてあることをもう少し掘り下げて書いています。


私の両親が退職金運用を失敗してしまったことを機に、同じ間違いを起こしてほしくないという思いで執筆しました。


私の資産運用の土台となってくれている「不動産投資」について書きました。コロナのような有事にも強いのは不動産投資です。


amazon売れ筋ランキング「投資・金融・会社経営」の部門で1位を獲得しました!

amazon売れ筋ランキング「不動産投資」の部門で1位を獲得しました!

不動産投資ランキング