エクシア(EXIA)の面談とは?申し込み方や内容を全部まとめました!

エクシア EXIA 面談 申し込み

エクシア(EXIA)の面談って何するの?

そもそもエクシア合同会社の面談ってどうやって申し込むの?

エクシアとの面談についてちょっと気になることがあるんだけど…

エクシアの面談について、ブログ読者の方から上記のような悩みや相談をいただくことが多いです!

この記事では、エクシアに4年以上投資している私が、エクシアの面談にフォーカスしてまとめてお伝えしますね。

  • 松井の資産運用ブログの執筆者
    松井一樹
    メーカーの開発職勤務の30代サラリーマン投資家です。2021年3月現在、投資運用総額3.2億円(ローンは除く)を超え、毎月の配当は約300万円となっています。また、ブログ以外にも書籍を3冊出版中。コロナが落ち着いてから4冊目も出版予定です。徹底的にリサーチして、コツコツと堅実に資産を増やすのが得意です。
    経歴
    投資歴19年、資産運用数30種類以上

エクシア(EXIA)の面談の申し込み方!

エクシア合同会社への出資は私募にあたるため、公式サイトでも募集はされていません。

まわりに出資者がいたら、紹介してもらうのが1番良い方法になります。

エクシアの申し込みについて気になることや、面談について気になることなどがあれば、私でよければLINEメールをいただければお答えします!

エクシアの面談を含む、投資の一連の流れについては下記の記事にもまとめていますので参考にしてみてください。

エクシア(EXIA)の面談についての5W1H!

エクシアの面談に関する5W1Hについてまとめます!

5W1Hはご存知のとおり、

When:いつ」
Where:どこで」
Who:だれが」
What:何を」
Why:なぜ」
How:どのように」

の頭文字で、これに沿って面談について整理しますね!

エクシアの面談はいつするの?

まずは面談の日程調整から始まります。

エクシアの担当者との面談は、担当者との都合がつけば平日の18時以降や土日祝日でも対応してくれます。

希望の曜日や時間帯を伝えておくほうがスムーズに決まりやすいですね!

所要時間はだいたい20~30分ほどが目安なので、電話やオンライン面談であればスキマ時間でも十分かと思います。

エクシアの面談はどこでするの?

エクシアの面談は、電話やオンライン面談であればどこでも可能です!

オンライン面談は、Zoom・LINEビデオ通話・Skype・FaceTimeなどで対応してくれます。

コロナ禍という状況もありますし、個人的には電話やオンライン推奨です。

対面での面談の場合は、原則として東京本社での面談になります。

対面の場合は本社を確認できるメリットはあるものの、説明内容は同じです。

今は昔と違って会社として客観的な信用材料も多いので、電話で十分だと思います。

エクシアの面談は誰がするの?

エクシアの面談は、エクシア合同会社の担当者と行います。

ただし担当者が多忙なことが多く、面談はその担当者のつながりで違う人を紹介されることがあります。

そのときも、担当そのものはエクシアの社員がすることになります。

面談終了後にWEBで申し込みフォームを入力する段階で、担当者IDを入れるときに自分の担当が正しいか確認しましょう。

面談終了後に申し込みフォームの入力→Adobe signでの電子契約書の締結→みずほ銀行の「エクシア(ド」名義の口座への入金という流れであれば問題ないです。

エクシアの面談では何をするの?

面談では、エクシア合同会社の会社概要やスキームの説明、投資方法や解約方法、リスクや税金、今後のビジョンなどが聞けます。

もちろん事前にある程度調べていくと思いますので、聞きたいことがある場合はまとめておくと良いと思います。

どんな些細なことでも良いので、ちょっとでも気になることがあれば納得するまで聞くことをお勧めします!

少なくとも100万円以上のお金を託すわけなので、有意義に面談を活用しましょう。

投資全般について質問するのも良いですね。

エクシアの面談はなぜするの?

エクシア合同会社という一投資会社への出資という性質上、当然様々なリスクがあります。

面談はそういったリスクについてや、仕組みなどについて聞いて納得するために実施されています。

逆にいうと、面談を受けたからといって勧誘されたり、その後に連絡が来ることもありません。

面談はあくまでも理解を深める場ですし、もちろん無料です。

面談後でも、契約書を読んだりして新たな疑問が湧いたら聞いても大丈夫です!

エクシアの面談はどのようにするの?

面談の日程を決めたら、その時間に面談をしましょう。

電話ならあらかじめ伝えた電話番号にかかってきますし、オンラインなら自らアクセスが必要なケースもあります。

約束時間から5分たっても連絡がとれない場合は、電話をかけてしまいましょう!最近は面談が非常に多いと聞いており、前の予定が詰まって押している可能性があります。

また、対面での面談で本社に行く場合は、時間までに丸の内トラストタワー本館20階に行く必要があります。

入館で若干手続きに時間がかかるので、余裕を持っていくと良いですね。

エクシアの面談について、少しでも気になることがあれば私にLINEメールいただければ、わかる範囲でお答えします。

エクシア(EXIA)の面談に関するその他のQ&Aを紹介!

上でお伝えした内容以外に、いただく質問について回答しますので参考にしてみてください!

面談は必須なの?

原則として面談は必須です!

ただ、身近で信頼できる人がすでに出資していたりして、すでにリスクも含めて十分に理解している場合には面談せずに契約に進むことも可能です。

その時はその旨を伝えることで、申し込むことも出来ます。

服装はどうしたらいいの?

エクシアの面談の服装は自由です!

特にかしこまる必要はなく、普段通りでまったく問題ありません。

電話やオンラインは通信環境が良くて会話しやすいところであればどこでも大丈夫です。

紹介したい人がいるからつないでもいいの?

個人的に紹介したい人がいるときは、担当者に連絡してみましょう!

面談が必要であれば時間調整して面談してもらうことも出来ます。

自分以外に同席可能なの?

面談では同席も可能です!

家族や友人で興味がある人がいる場合は、一緒に聞くことで効率的に聞けます。

同席がある場合は事前に伝えておくと良いですね。

都内は遠いけど面談可能なの?

電話やオンラインで面談可能です!

海外に住んでるけど面談可能なの?

電話やオンラインで面談可能です!

電話だと国際通話で通話料かかる可能性もあるので、オンラインが便利だと思います。

耳が不自由だけど面談可能なの?

筆談での面談可能です!

オンラインの場合は手元がうつるようにして面談しましょう。

エクシア(EXIA)の面談に関するまとめ

今回のまとめ
  1. エクシアの出資者がまわりにいれば紹介してもらう
  2. 面談は担当者と日程を決めて、電話やオンライン、もしくは対面で行う
  3. 所要時間は20分ほどで、仕組みやリスクなどの説明を受ける
  4. 面談は無料で、特に勧誘もない
  5. 申し込みたい場合はフォームの記入・電子契約書の締結・入金をする

今回はエクシアの面談についてまとめました!

面談はせっかくのチャンスなので、気になることは面談で色々と聞いてしっかり納得した上で投資することが大切です。

また、エクシアの投資についてまとめた記事を書いていますので、面談を受ける前に是非読んでみてください。

面談を受けてからしっかり検討するという流れで全然良いと思いますので、他の投資先と比較するためにもまずは直接話を聞いてみることをお勧めします。

  • ※エクシアはHPなどでの募集活動はしていませんので、残念ながらHPに行っても現在お問い合わせフォームはありません。

もし本記事をお読みになって何か気になることがあれば、以下のメールか私のLINEまでお気軽にご連絡くださいね。

お名前 必須

メールアドレス 必須

メッセージ本文 必須

※メールを送信される前に、メールアドレスに間違いがないかもう一度チェックしてください。自動返信が届かない場合、別のアドレス(gmailやyahooを推進)で再度送信をお願いします。

当サイトでは、私が今まで19年に渡って行ってきた様々な投資について書いています。もし「これってどうやって投資したら良いの…?」「本当に投資しても大丈夫…?」などの疑問があれば、何でもご相談いただけたらと思います。

書いている人


松井
30代後半の投資ブロガーです。投資歴は20年弱で、今までにのべ30種類以上の投資を経験してきました。現在はそれなりの配当をもらっています。

このブログでは、私の実際に経験してきた投資体験を知識として残しています。

お問い合わせ

メールマガジン配信中!

書籍も出版しています!




老後の2000万円不足問題を皮切りに、ブログに書いてあることをもう少し掘り下げて書いています。


私の両親が退職金運用を失敗してしまったことを機に、同じ間違いを起こしてほしくないという思いで執筆しました。


私の資産運用の土台となってくれている「不動産投資」について書きました。コロナのような有事にも強いのは不動産投資です。


amazon売れ筋ランキング「投資・金融・会社経営」の部門で1位を獲得しました!

amazon売れ筋ランキング「不動産投資」の部門で1位を獲得しました!

不動産投資ランキング