エクシアが金融庁管轄になりました!第二種金融商品取引業の免許を取得!

エクシア 金融庁

エクシア合同会社は2019年9月に第二種金融商品取引業の免許を保有する会社を子会社化しました!

平たくいうと金融庁管轄になったので、投資家保護の観点でみると安全性がかなり高くなりました。

※そもそもエクシアって何?という場合はこちらの記事も参考にしてみてください。

第二種金融商品取引業の免許を取得!

冒頭にもお伝えしましたが、2019年9月に第二種金融商品取引業の免許を保有する会社を子会社化しました。

子会社の名前は「エクシア・アセット・マネジメント株式会社」です。

金融庁に認められたエクシア

エクシアアセットマネジメント 金融庁

金融庁:金融商品取引業者一覧を見る

誤解を恐れずにいうと、エクシアは金融庁にも認められたことになります。

上の一覧のように、金融庁は金融商品取引法に則って運営している企業を公開しています。

金融商品取引業の業務を行うには、内閣総理大臣への申請・登録が必要となっていて、財産的基盤(最低資本金など)や事業者としての適格性の規定などを満たす必要があります。

もちろん詐欺をしていては取れませんし、それどころかまっとうに運営していても基準を満たしているかの厳しい審査をクリアしなければいけません。

もともと合同会社の社員権を取得して、事業の利益を分配するというスキームは合法でしたが、より一層安心感は増しました。

エクシア・アセット・マネジメント株式会社が持つ第二種金融商品取引業とはなにか?

第二種金融商品取引業は、信託受益権の売買、売買の媒介、募集の取扱い(媒介)など、又は、ファンドの自己募集、募集の取扱い(媒介)などを行うものですから、法律等を遵守し、内部管理体制を整え、投資者の保護を図ることが必要です。

第二種金融商品取引業として業務を行うということは、ファンドの自己募集や募集の媒介が行えるということです。

そして金融庁の管轄下にあるということは、様々な報告義務も発生しますし、監視の目が厳しくなるということですよね。

個人的には以前から信頼はしていましたが、そうはいってもどこか怪しさを感じるという方はいらっしゃいました。

ただしこの金融庁の管轄下になったことで、詐欺だとかポンジ・スキームだとかいう疑いはなくなったのではないでしょうか。

エクシアと金融庁のまとめ

エクシアが金融庁の管轄下になったことで、投資家としては安心感が非常に高くなりました。

一個人投資家としては、守りの部分はかなり堅牢なものとなってきたので、引き続き好調な運用成績を継続してほしいと願っています。

  • エクシアはHPなどでの募集活動はしていませんので、残念ながらHPに行ってもお問い合わせフォームがありません。ただ、もうかれこれ3年半ほどエクシアに出資しているのですが、お金もかなり増やしてもらい恩を感じているので、こちらからおつなぎできるようにしました。もし気になったら一度問い合わせてみてくださいね。

    もし不安なことがあれば、私のLINEメールまでお気軽にお問い合わせください。

    >> エクシアの詳細ページはこちら

書いている人


松井
30代後半の投資ブロガーです。投資歴は18年で、今までにのべ30種類以上の投資を経験してきました。現在はそれなりの配当をもらっています。

このブログでは、私の実際に経験してきた投資体験を知識として残しています。

お問い合わせ

メールマガジン配信中!

書籍も出版しています!




老後の2000万円不足問題を皮切りに、ブログに書いてあることをもう少し掘り下げて書いています。


私の両親が退職金運用を失敗してしまったことを機に、同じ間違いを起こしてほしくないという思いで執筆しました。


私の資産運用の土台となってくれている「不動産投資」について書きました。コロナのような有事にも強いのは不動産投資です。


amazon売れ筋ランキング「投資・金融・会社経営」の部門で1位を獲得しました!

amazon売れ筋ランキング「不動産投資」の部門で1位を獲得しました!

不動産投資ランキング