楽天日本株4.3倍ブルの投資はあり?口コミや運用について解説!

楽天日本株4.3倍ブル

楽天日本株4.3倍ブルを買おうかどうか迷っている!

投資信託を検討していて楽天日本株4.3倍ブルが気になるので詳しく知りたい!

資産運用の選択肢として楽天日本株4.3倍ブルについてもっと情報が欲しい!

上記のようなことを感じてこの記事を見ているのではないでしょうか?

楽天証券の買付ランキングで常に上位に位置する投資信託なので、気になりますよね。

楽天日本株4.3倍ブルは楽天投信投資顧問株式会社が委託会社として運用している投資信託です。

この記事では、楽天日本株4.3倍ブルのネット上での評判や気になる運用実績、投資方法などを様々な観点からお伝えしていきます。

4.3倍?ブル?といった疑問に思うところも中盤で解説しますね!

今後の資産運用を検討する際に、参考にしてみてくださいね。

レバレッジがかかっているので、リスクについてもしっかり理解しましょう!
  • 松井の資産運用ブログの執筆者
    松井一樹
    メーカーの開発職勤務の30代サラリーマン投資家です。2022年4月現在、投資運用総額4.1億円(ローンは除く)を超え、毎月の配当は450万円を超えるようになりました。また、ブログ以外にも書籍を3冊出版中。コロナが落ち着いてから4冊目も出版予定です。徹底的にリサーチして、コツコツと堅実に資産を増やすのが得意です。
    経歴
    投資歴20年、資産運用数30種類以上

目次

楽天投信投資顧問株式会社ってどんな会社?会社の特徴は!

楽天投信投資顧問株式会社は2006年12月に設立された投資運用業を行う会社です。

金融商品取引法に規定する投資運用業、投資助言・代理業、第二種金融商品取引業を行う会社として登録されています。

あの楽天の100%子会社

楽天 ロゴ

株主は100%が楽天カード株式会社となっていて、楽天グループの1社になります。

楽天といえばネットショッピングで有名ですが、三木谷社長をはじめ経営陣は金融業界出身が多いです。

決算を見てわかるように、楽天の中でもフィンテック分野は国内ECと並ぶ売上・利益をほこる主力事業です。

楽天日本株4.3倍ブルは楽天投信投資顧問が運用する商品の1つ

楽天投信投資顧問は60種類以上の投資信託を運用していて、楽天日本株4.3倍ブルはそのうちの代表的な1つです。

他に有名な商品だと「楽天・全米株式インデックス・ファンド」や「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」は投資している人も多いですね。

ほとんどが数億円~数十億円規模のファンドですが、楽天日本株4.3倍ブルは純資産が500億円以上で、3番目に大きな規模の商品になっています。

数百億円規模になると、商品の安心感や信頼性がありますね。

楽天日本株4.3倍ブルの悪い口コミ&良い口コミなどの評判をまとめました!

楽天日本株4.3倍ブルは人気がある投資信託なので、Twitterなどでもしばしば話題として上がります。

投資家の方々はファンドのどんなところに注目しているでしょうか?

ここではいくつかTwitterからピックアップして、第三者目線での悪い評判や良い評判をまとめてみますね。

悪い口コミ&評判は!

良い口コミ&評判は!

楽天日本株4.3倍ブルの口コミや評判に対するまとめ!

楽天日本株4.3倍ブルの口コミからは、タイミングによってかなり勝敗が分かれるということがわかりますね!

長期投資というよりは、短期的な結果を求めた投機・ギャンブルのような感じで捉えている投資家が多い印象です。

また、かなり良いタイミングで仕込んでも握り続けるのは難しいということもわかります。

これは商品特性からくるものなので、そういったことについてもこのあとの内容を見ていただければと思います。

比較的相場が好きで毎日見れる人か、ここぞという勝機があるときに選択肢に入れるのはありですね!

楽天日本株4.3倍ブルに投資するべきか?6つのチェック項目で確認してみた!

楽天日本株4.3倍ブルに投資するべきか判断するために、以下の6つの項目について確認してみました。

ここで確認している項目は、私が何かに投資する際には必ずチェックしているものですので、参考にしてみてくださいね。

  1. 代表やファンドマネージャーの実績
  2. 利回りや配当はどれぐらい?過去実績について。
  3. 運用手法について
  4. オフィスの場所
  5. 顧客の数
  6. 歴史について

では各項目について、詳しくみていきましょう!

代表やファンドマネージャーの実績

楽天投信投資顧問の代表取締役は東眞之(あずままさゆき)氏です。

大手証券会社入社後、アナリストとして活躍されました。

アセット・アロケーション、ポートフォリオ分析など多様な分野で計量分析に基づく投資ツールを開発し、ノーベル経済学賞も受賞したことがあるW.シャープ博士と協働されたこともあります。

横文字が多いですが、計量分析をもとにした投資のプロですね。

ファンドマネージャーは執行役員である新村直人氏のほか3名いますが、いずれも運用に関する分野に20年以上従事している専門家です。

過去のトラックレコードについては調査できませんでしたが、この業界で20年以上にわたって活躍されているのは安心感がありますね。

利回りや配当はどれぐらい?過去実績について

期間 騰落率
1ヶ月 -20.1%
3ヶ月 -14.1%
6ヶ月 -26.6%
1年 -1.3%
3年 +20.5%
設定来 +29.8%

楽天日本株4.3倍ブルの2021年11月末時点での、設定来の運用実績は上記のようになります。

こちらは分配金再投資基準価格を基に算出していて、年率換算したものではありません。

楽天日本株4.3倍ブルはレバレッジがかかっているという商品の特性上、基準価格で単純にリターンがわかるものではありません。

日々の推移がかなり重要になってくるので、注意が必要です。

あくまでも指数に連動して乱高下するので、過去実績というのはあまり参考にならないかもしれません。

参考になるとすれば、実際に前日比の騰落率に対して4.3倍のレバレッジで推移しているという点です。

要するにタイミングが全てで、相場の上昇局面を見極めて売買しないと痛い目を見るということです。

運用手法について

楽天日本株4.3倍ブルは、目論見書にも記載のとおり日々の基準価額の値動きが、わが国の株式市場全体の日々の値動き(日々の騰落率)の概ね4.3倍程度となることを目指して運用を行っています。

その際に活用するのが株価指数先物取引で、利用する株価指数先物取引は流動性、効率性等を勘案して決定しています。

2021年6月のレポートでは、下記のような内訳になっていますね。

楽天日本株4.3倍ブル 組入銘柄

これによって、株式市場が上昇するときに大きなプラスのリターンを得られる反面、株式市場が下落すると大きな損失になります。

ブル・ベアとは、相場の強気・弱気を示す言葉です。
ブル(Bull)は強気のことで、雄牛が角を下から上へ突き上げる仕草から相場が上昇していることを表しています。
ベア(Bear)は弱気のことで、熊が前足を振り下ろす仕草、あるいは背中を丸めている姿から相場が下落していることを表しています。
投資信託では、ブル型、ベア型の商品が販売されていて、ブル型は相場が上昇しているとき、ベア型は相場が下落しているときに利益が出るように設計された商品となっています。

ブル4.3倍ということは、株価指数が10%動けば投資信託の基準価格は43%動きます。これは上昇下落ともにです。

レバレッジは強力で、目論見書でわかりやすく説明してあります。

楽天日本株4.3倍ブル 説明

上昇相場、下落相場については感覚的にわかりやすいと思いますが、特に注意するべきはレンジ相場(横ばいで上下する相場)です。

上の図で③で示されていますが、日々10%上下する場合、レバレッジがなければ基準価格に戻っていますが、レバレッジがあると実際には押し下げられています。

一般的に下落したものを取り返すには、それ以上の上昇が必要です。

仮に100を基準として、-50%になると100が50になります。

ここから50%上昇しても50×1.5で75にしかなりません。

取り返そうと思うと、50を基準として2倍にならないといけないのです。

なのでこの楽天日本株4.3倍ブルに限らず、レバレッジがかかっている商品は売買のタイミングがかなりシビアです。

選挙のタイミングやショック後など、よほど自分自身で納得のいくタイミングで仕掛けない限りは、売買するべきではありません。

日々変動があるので長期保有にも向いてはいません。

ここを理解せず、長期間でプラスになっているから大丈夫だと思って買ったら損をした、、、ということにならないように気をつけましょう!

よほどのギャンブラーでない限り、やるなら少額で投資することをお勧めします。

オフィスの場所

投資案件を検討するときには、オフィスについてもチェックしておきましょう。

楽天日本株4.3倍ブルの委託会社の楽天投信投資顧問株式会社のオフィスは「東京都港区南青山2-6-21」です。

楽天クリムゾンハウス青山とも呼ばれています。

青山通り沿いで、青山一丁目の駅からすぐのところですね。

2020年3月16日にここに移転していて、TK南青山ビルから楽天クリムゾンハウス青山に名称も変更しています。

ただし自社ビルではなく、一棟借りの賃貸となっていて、オーナーはグローバル・ワン不動産投資法人です。

以前は東急不動産グループやソニーコンピュータエンタテインメントなどが入居していたビルです。

建物に関しては一等地にある十分安心感のあるビルになっています。

楽天は本社が二子玉川で、そちらは楽天クリムゾンハウスという名称です。

顧客の数や純資産総額

楽天日本株4.3倍ブル 純資産 推移

顧客の数や純資産総額もチェックするべきポイントです。

上の図のグレーの部分が純資産総額になっていて、2021年6月15日の決算日では471億円となっています。

ちなみに純資産総額=基準価格×購入口数で、全投資信託の平均が100~200億円規模となっています。

なので楽天日本株4.3倍ブルは中規模のファンドだといえますね。

顧客の数については、購入する口数が投資家によってかなりばらつきがあるので算定できませんが、少量での購入が可能なのでかなり多くの人数の投資家が売買しているといえます。

歴史について

楽天投信投資顧問は2006年12月に楽天投信株式会社として設立されました。

2008年からファンドの運営を開始し、2009年4月に同じ楽天グループの株式会社ポーラスター投資顧問を吸収合併して、楽天投信投資顧問株式会社に商号を変更しています。

2019年4月の楽天グループの企業再編に伴って、楽天カードの子会社となりました。

設立から15年なのと、楽天グループということで信頼性はありますね。

会社としてはTwitterやYouTubeチャンネルも運営していて、情報発信をしています。

ここまで6つの観点から投資信託である楽天日本株4.3倍ブルについてチェックしました。

リスクは高いですが、短期でレバレッジをかけて勝負したい方には向いていると思います。

ただしある程度まとまった金額を長期間安定的に運用するのが目的であれば、他にも検討余地はありそうです。

ではここからは、手続きなどについてもお伝えしていこうと思います。

投資信託の楽天日本株4.3倍ブルの最低出資額はいくらから?

販売会社にもよりますが、楽天日本株4.3倍ブルは100円以上1円単位で購入可能です。

メジャーな投資信託なので、購入のハードルはかなり低いです。

ヘッジファンドや私募ファンドだと1000万円~などの最低出資額の制限がありますが、投資信託はいつでも誰でも気軽に買えるお手頃さがありますね。

楽天日本株4.3倍ブルの手数料について

楽天日本株4.3倍ブルの手数料
  1. 購入時手数料
  2. 運用管理費用(信託報酬)
  3. その他の費用・手数料

ダブル・ブレインの購入~換金でかかる手数料は、上の3つに分けられます。

ちなみに信託財産留保額と呼ばれる、解約手数料のようなものはかかりません。

ではそれぞれの手数料について説明していきますね。

手数料①:購入時手数料

楽天日本株4.3倍ブルは購入時手数料がかかる場合があります。

販売会社にもよりますが、最大で3.3%の購入時手数料をとっても良いとされています。

楽天証券をはじめ、実際にはノーロードと呼ばれて購入時手数料無料である販売会社も多くあります。

もし購入時手数料が3%の場合、仮に年利3%で運用できたとしても資産が増えないことになってしまいます。

なので購入時の手数料は、特に短期売買をする際には利回りに大きく影響するので、必ず確認しましょう!

手数料②:運用管理費用(信託報酬)

配分先 配分
委託会社 0.880%
販売会社 0.330%
受託会社 0.033%

投資信託を保有している期間は、運用管理報酬(信託報酬)がかかります。

楽天日本株4.3倍ブルの実質的な管理報酬は上記のような内訳で、年率1.243%がかかります。

ファンドの信託報酬は日々計上されて、最初の6ヶ月終了日及び毎計算期末または信託終了時に、投資信託財産から支弁します。

つまり追加で支払うというものではなく、自動的に差し引きされるイメージですね!

インデックスファンドだと1%を切る商品も多いので、若干高いですが妥当な範囲かと思います。

ヘッジファンドやアクティブファンドだと2%を超えるものもあるので、しっかり確認するべきところですね。

手数料③:その他の費用・手数料

その他の費⽤・⼿数料として、以下のようなものが投資信託財産中から支払われます。

  • 信託事務の処理に要する諸費用
  • 投資信託財産にかかる監査報酬
  • 法定書類の作成・印刷・交付にかかる費用
  • その他投資信託財産の運営にかかる費用
  • 組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料

これらの費⽤等は、保有期間や運用の状況などに応じて異なるので料率を示すことはできませんが、ほとんど気にしなくても大丈夫です。

楽天日本株4.3倍ブルは信託財産留保額や成功報酬は発生しないので、手数料は比較的わかりやすいです。

手数料についてまとめると、購入時手数料が最大3.3%かかり、保有期間中は運用管理報酬として年率1.243%が差し引かれて評価額が決まります。

楽天日本株4.3倍ブルを換金したときの税金はどうなるのか?

税金については、個人で投資する場合と法人で投資する場合で異なります。

法人の税金

法人の場合は、売上やその他の状況によって実効税率が変わってくるのであらかじめ顧問税理士に相談しておきましょう。

個人の税金

個人の場合は、まずNISA口座を利用している場合は枠内の120万円までの金額であれば非課税となります。

NISAを使わない通常の投資であれば、下記のように課税されます。

分配時:配当所得として、普通分配金に対して20.315%の課税

換金(解約)時及び償還時:譲渡所得として、換金時及び償還時の差益に対して20.315%の課税

かんたんにいえば、投資信託では儲かった分に対して20.315%が課税されるということになります。

ちなみに20.315%というのは、所得税が15%、住民税が5%、復興特別所得税が0.315%となっています。

これは現在の税制なので、もし変更になると料率が変わることもあるので、そちらに従うようにしてください。

また、1年間の利益が20万円以下の場合は確定申告が不要です。

それ以上に利益が出た場合は確定申告が必要なのですが、少しパターン分けしてお伝えします。

  • 特定口座(源泉徴収あり):口座を開設した金融機関が損益計算をしてくれて、利益がある場合には源泉徴収もしてくれます。原則として確定申告不要ですが、年度をまたいでの繰越控除や複数口座の損益通算など、状況によって確定申告をしたほうが得になる場合があります。
  • 特定口座(源泉徴収なし):開設した特定口座内にある投資信託については損益を通算した上で、確定申告に必要な書類を作成してくれます。なので確定申告は自分自身でする必要があります。
  • 一般口座:損益の計算を自身でして、確定申告もする必要があります。

投資初心者は特定口座(源泉徴収あり)にしておくのが無難でお勧めです。

理由としては、原則として確定申告が不要で手間がかからないからです。

確定申告は自分でやることもできますが、税理士に相談すれば個人の確定申告は2,3万円でやってくれることも多いので、慣れてないなら相談してみたほうが手間もかからず正確にできるかと思います。

投資と税金は切っても切り離せません。申告の意思があれば税務署でも教えてもらえるので、あまり悩まずまずは聞いてみるのが良いと思います。

楽天日本株4.3倍ブルに関わる会社が破綻したときの資金はどうなるか?

投資したお金は、分別管理がされています。

聞き慣れないかもしれませんが、この分別管理されている投資家のお金は、投資信託に関係ある会社が潰れてしまっても保護されます。

この投資家保護の仕組みがあるので、安心して投資信託を買うことができます。

銀行口座のペイオフのような、金額上限もありません。

ただし、分別管理と元本保証はまったく別物です。

運用の結果によっては損失が出ることもあるので、そこはしっかり理解しておきましょう。

投資信託の仕組み
投資信託 仕組み

そもそも投資信託というのは販売会社・運用会社(委託会社)・信託銀行(受託会社)がそれぞれの役割を果たして成り立つ金融商品です。

関わっている会社の1つないしは複数が破綻したとしても、投資家のお金はそれぞれの個別口座で管理されているので会社のお金とは分けられています。

楽天日本株4.3倍ブルでは楽天投信投資顧問が運用会社にあたりますが、万が一倒産しても運用会社は運用指示をしているだけなので信託銀行に保管されている投資家のお金は保護されます。

もし関係会社が潰れたら、繰上償還されるか、潰れた会社が担っていた業務を同業の別会社に再委託されることになります。

実際のところ、楽天日本株4.3倍ブルの関係各社が倒産するとは考えにくいです。

ただし投資信託全般には、こういった分別管理の仕組みがあるということを理解しておくことは大切です。

楽天日本株4.3倍ブルに投資するにはどうしたらいいか?契約方法や始め方について

販売会社 購入金額(千円) 手数料率(税込)
フィデリティ証券 30,000~ 1.1%
PayPay銀行 10,000~ 1.1%
PayPay銀行 1,000~10,000 1.65%
フィデリティ証券 ~30,000 2.2%
PayPay銀行 ~1,000 2.2%
楽天証券 10~ 無料
ソニー銀行 10~ 無料
SBI証券 10~ 無料
静岡銀行 10~ 無料
新生銀行 10~ 無料
藍澤證券 10~ 無料
auカブコム証券 10~ 無料
いちよし証券 10~ 無料
ひろぎん証券 10~ 無料
エース証券 10~ 無料
岡三証券 10~ 無料
あかつき証券 10~ 無料
岩井コスモ証券 10~ 無料
ニュース証券 10~ 無料
立花証券ストックハウス 10~ 無料
むさし証券 10~ 無料
東武証券 10~ 無料
播陽証券 10~ 無料
松井証券 10~ 無料
マネックス証券 10~ 無料
証券ジャパン 10~ 無料
三田証券 10~ 無料
LINE証券 10~ 無料

楽天日本株4.3倍ブルは上記のような金融機関で購入可能です。

楽天証券やSBI証券といった主要ネット証券会社で購入可能なので、便利ですね。

締切時間が15時なので、それ以降については翌営業日での申し込みになります。

申込受付日から起算して4営業日目が受渡日になります。

▶ 楽天証券の口座を開設する
▶ SBI証券の口座を開設する

投信休業日や国内・海外の休場により約定日が遅れることもありますが、あまり気にしなくて大丈夫です。

楽天日本株4.3倍ブルの換金や解約のルールについて

換金についても購入と同様に申込受付日から起算して4営業日目に、販売会社で支払われます。

こちらも15時が締め時間となりますので、時間には気をつけましょう。

ほかの投資信託だと、信託財産留保額という解約手数料のようなものが0.3%ほどかかることもありますが、楽天日本株4.3倍ブルの場合は特に何もかかりません。

換金の際には税金についても計算して確認しておきましょう。

投資信託は、換金の申込から手元に来るまでは比較的早いです。

楽天日本株4.3倍ブルの投資の総評

楽天投信投資顧問が運用する、楽天日本株4.3倍ブルの投資についてお伝えしてきました。

楽天日本株4.3倍ブルは買付ランキングでも上位に位置する人気の投資信託ですが、特徴を理解してうまく活用することが大切です。

人気があるからという理由で投資するにはかなり難易度が高いです。

特にレバレッジに対する理解は必須で、売買のタイミングがかなり重要であることがわかっていただけたかと思います。

短期でタイミングを見計らって勝負をかけたいという場合には良い商品ですが、夢を見すぎると痛手を負いやすい商品です。

実際に口コミを見ると、損失を出している方も多いです。

少額投資なら検討の余地はありますが、これからまとまったお金の運用をするのであれば、ヘッジファンドや投資会社を利用するという方法もあります。

国内にはほかにも優秀なヘッジファンドが存在します。個人的におすすめをまとめていますので、参考にしてみてください。

楽天投信投資顧問の会社情報

会社情報
社名 楽天投信投資顧問
Rakuten Investment Management, Inc.
設立 2006年12月28日
資本金 150百万円
役職員数 約30名
本社所在地 〒107-0062 東京都港区南青山二丁目6番21号
最低出資額 100円
利回り 年利16.63%(直近5年)
手数料 ①購入時手数料なし
①運用管理費用(信託報酬)年率1.243%
②信託財産留保額なし
面談 特になし
ホームページ https://www.rakuten-toushin.co.jp/

複数の投資先から一体どこを選べばいいの?

リスク リターン 分布

私の20年あまりの投資経験から、各投資ジャンルをまとめると最もおすすめは「ヘッジファンド」への投資となりました。

上の図は投資の種類ごとのリスク-リターンをまとめたもので、リスクが低く高いリターンが期待できるおすすめのものほど左上に位置しています。

とはいえ、ヘッジファンドも国内だけでも数十社あり、見極めが非常に難しいです。

そこで、松井が実際に長年面談や投資をしてきて分かった良いヘッジファンド選びのポイントや、ランキングTOP10をまとめた記事を公開しています。

まとまった資産運用で失敗したくない…という場合はぜひ参考にしてみてください!

もし本記事をお読みになって何か気になることがあれば、以下のメールか私のLINEまでお気軽にご連絡くださいね。

お名前 必須

メールアドレス 必須

メッセージ本文 必須

※メールを送信される前に、メールアドレスに間違いがないかもう一度チェックしてください。自動返信が届かない場合、別のアドレス(gmailやyahooを推進)で再度送信をお願いします。

当サイトでは、私が今まで20年に渡って行ってきた様々な投資について書いています。もし「これってどうやって投資したら良いの…?」「本当に投資しても大丈夫…?」などの疑問があれば、何でもご相談いただけたらと思います。

書いている人


松井
30代後半の投資ブロガーです。2022年で投資歴が20年となりました。今までにのべ30種類以上の投資を経験しています。現在はそれなりの配当をもらいながらもサラリーマンを続けています。

このブログでは、私の実際に経験してきた投資体験を知識として残しています。

お問い合わせ

メールマガジン配信中!

書籍も出版しています!




老後の2000万円不足問題を皮切りに、ブログに書いてあることをもう少し掘り下げて書いています。


私の両親が退職金運用を失敗してしまったことを機に、同じ間違いを起こしてほしくないという思いで執筆しました。


私の資産運用の土台となってくれている「不動産投資」について書きました。コロナのような有事にも強いのは不動産投資です。


amazon売れ筋ランキング「投資・金融・会社経営」の部門で1位を獲得しました!

amazon売れ筋ランキング「不動産投資」の部門で1位を獲得しました!

不動産投資ランキング